FC2ブログ

コンセントの向こう側

コンセントの向こう側
2020年12月5日の共育講座は、気候ネットワーク主任研究員伊与田昌慶さんによる「パリ協定始動。COP25&温暖化の今」と題する講義であった。折からのコロナ蔓延の状況であったが、ご覧のように蜜は抑えて感染防止対策をおこなったうえで開催された。
COP251


実は東海フォーラムでは、伊与田さんの講演は2016年度にも行っており2度目である。前回は2015年のパリ協定締結を受けての開催、今回はその後の世界の動きを中心にお話をいただいた。
お話からは、激動する世界にあって、かねて環境先進国と言われていた(思い込んでいた)日本の凋落ぶりが明らかとなった。私たちが今、コンセントの向こう側の電気の様子に無関心であることが恥ずかしくなってきた。

お話は「気候変動の実態と影響」から始まった。
① 地球上の温暖化ガス濃度が急激に上昇している。
② 気温上昇による熱中症などの健康被害が顕在化し、凍土の溶解によるメタンなどの温暖化ガスの放出や古くからの病原菌の放出が心配されるようになった。
③ 山火事の多発による生物多様性の喪失
④ ヒトの地球上の居住空間の喪失
近年の地球の居住地喪失人口は2,800万人。うち戦争、内紛による喪失が1,080万人、気候変動による喪失が1,610万人となり、戦争、内紛で失った人よりも気候変動により失った人が多いことには驚いた。
2015年、国連は2030年に向けてSDGsとして17の開発目標を定めた。エネルギーの課題は開発目標7としてとりあげられてはいるが、気候変動は単なる環境問題を超えた課題として、17の項目すべてに関連する共通の課題である考えられている。

パリ協定には目標達成への道筋に本質的な課題を抱えている。
パリ協定は世界の気温を産業革命以前より1.5〜2.0度上昇に抑えることを目指しているが、そのために目標通りCO2発生を抑えたとしても気温目標数値は超えてしまうからだ。今のパリ協定では化石燃料はほぼ使えない状況になっている。それでも気温上昇は抑えられず目標に届かない。
CO2排出実質ゼロを達成し、再生可能エネルギー100%の時代が到来したとしても、その上に更なる野心的目標の樹立と到達努力が求められる。そのため、更なる野心的目標確立と、市場メカニズムの抜け道塞ぎなどの点が2021年11月グラスゴーで予定されるCOP26の中心的課題となってくる。
COP252


伊与田さんの講義は、日本は温暖化の加害国であり最大の被害国である。日本こそ世界の先頭に立って温暖化に向き合わなければならないと纏められた。

 コロナ禍の今、街はプラスチック容器であふれてきた。コロナ後の経済回復は元の社会にもどしてはいけない。グリーンリカバリを実現し、世界に尊敬される環境日本を再生させていきたいものだ。
公害に苦しんだ私たち日本。それを優れた日本の技術と努力で克服してきたと言われてきた。しかしそれは、地球の労力を食いつぶし、地球の資源を食いつぶした結果であったのだ。そこにやっと日本人は気がついた。安倍首相は、マーシャル諸島共和国首相から「脱石炭を早く実施してほしい」と手紙を受け取ったそうである。マーシャル諸島と言えばビキニ環礁水爆実験、第5福竜丸被爆、沈黙の春と思い出されるが、そのような国からも温暖化への努力を要請され、下を向く日本とは何だろう。
世界からは、石炭中毒日本と言われているそうだ。その目にわたしたちは気がつかない。日本は自覚なき環境後進国になってしまっているのだ。
伊与田さんの講義を聞き、「コンセントの向こう側」に思いをはせて生活していきたい。


SDGs de 地方創生

2020/11/14共育講座は、2030SDGs公認ファシリテータ岡崎真弓さんによるカードゲーム「SDGs de 地方創生」だった。岡崎さんは堺市の職員で、レイチェルカーソン東海フォーラム会員でもあります。この共育講座には遠く堺市からほとんど毎回出席されています。その岡崎さんによるカードゲームでした。
ゲーム1

カードゲーム「SDGs de 地方創生」と言われても出席者にはまったく何をするのかわかりません。SDGsの考え方を地方創生に生かしていくとはどういう意味だろうか?
講座が始まって、大いなる不安がよぎる私たちに岡崎さんから問いかけ。今の日本社会の課題は何でしょうか?①人口減少②地域経済の衰退③医療介護人材不足④自然災害の多発などなど。そこでこれらの解決についてみんなで話し合いましょう。となり、ゲームが開始された。
ゲーム2

そうか、今日のゲーム「SDGs de 地方創生」とはSDGsの考え方を地方創生の行動に生かして具体的なプロジェクトを参加者全員で話し合い議論して理解を深めるゲームだったのだ。でも、SDGsと地方創生との関連は?
ゲーム始まったころは地方創生について参加者同士お互いの考え方、立場がわからず自分の価値観のみでゲームを進めることになってしまった。しかし、時間が進むにつれ互いの理解が進み、お互いの顔色、発言、口調が変わり多弁になってきた。そしてゲームの到達点がSDGsに一歩ずつ近づいていきました。
そこで参加者は気がつきます。そうか、これはゲームと言っても、「SDGsそのもの」だったのだ。
日本の地方創生を考えることは、SDGsを考えることなのだ。日本の私たちが抱えている問題は、世界が抱えている問題と変わりはないことが分ってきた。そして、これらの解決を阻害しているのは、コミュニティの分断なのだ。

カードゲームを終えて、改めて自分の心の中に「コミュニティ分断」の怖さを感じてきた。

次回の共育講座は12月5日(土)気候ネットワーク研究員伊与田さんによる「パリ協定始動COP25&温暖の今」です。

岡崎さんも出席の予定です。カードゲームに関してご質問ある方も是非ご参加下さい。


プラスチック問題を考える

2020再開後期共育講座「プラスチック問題を考える」
2020再開「なごや環境大学共育講座・プラスチック問題を考える」が10月17日に名古屋国際センターで、十分な感染対策を講じた上で開催されました。
全体寺子屋

講師はお馴染の京都循環経済研究所の原強さんです。
コロナ禍のなかの私たちにとって、プラスチックはますます無くてはならないものになっています。増え続けるプラスチックの中で、この問題に如何に対処すればいいのか?
原さんは、長い消費者運動の経験から、市民の立場から、更に行政の立場から、将来の地球住民の立場からのさまざまな角度からお話をいただきました。
熱弁

① プラスチックゴミが地球に溢れている。(2050年問題)
2050年には「海洋プラスチックごみの量が海の魚の量を上回る」と予測されている。プラスチックは紫外線によってマイクロプラスチックに分解されることはあっても自然に還ることは無い。レイチェルカーソンの指摘しているように、最後は、やがてはヒトへ影響を及ぼす。

② そもそもプラスチックとは・・・
「20世紀戦争の時代のおとし子」であり、戦後は(毒ガス)殺虫剤、農薬へ(原爆)原子力発電へ(航空機)プラスチックとして急速に普及したが、これらの開発はそれぞれ「光と影」を伴った。
プラスチックは、1950年代のスーパー、共同購入などの拡大とともに、急速に普及し、食品事故対策のためにもプラは大量に使われるようになった。
そして今年、コロナパンデミックで、プラが更に大量に使われるようになり、路上にマスクが散乱するなど影の部分が顕在化してきた。

③ プラスチック対策の問題点
プラごみ対策国家戦略の目玉として「レジ袋」有料化を掲げており、7月1日に義務化された。教育効果、社会的インパクトはあったが、レジ袋をゼロにしても効果は限定的である。次の手としてペットボトル規制に進むべきであるが、その道筋が見えない。
また、国は「代替素材の利用」「リサイクルの推進」を強調しているがプラスチックリサイクルがいずれも成功しているとは言えない状況である。対策の基本として「使用削減の徹底」をめざすべきではないか。
プラ問題の解決には国民に痛みを伴う。社会全体の取り組みで消費者意識の改革「プラを使わない社会」をめざして強い意志を持たなければならない。

ここで、原さんから新しい本の紹介があった。
★★★★★★★★★
○斎藤幸平「人新世」の資本論
「人新世」とは、ノーベル化学賞受賞者のパウル・クルテェンが、現在の人類の経済活動が地球に与えた影響があまりにも大きいため地質学的に見て、地球は新たな年代に突入したとして名付けたもの。
今まさに地球に起こっている問題が、地球の表面を徹底的に変えてしまい、人類が生きられない環境になり人類の歴史が終わってしまう。
このような環境危機に立ち向かうためにさまざまに努力しているが、市場の力では気候変動は止められない。経済成長を求める政策では気候変動の危機から抜け出すことは出来ない。今必要なのは「脱成長型のポスト資本主義」である・・・
(集英社新書1,020+税)
★★★★★★★★★

原さんは感想として、「よう書いたな。この本は売れる!。私も昨日買いました。賛否はあると思いますが、一読の価値はあります。


次回は共育講座はカードゲームを通して持続可能なまちづくりを考える「SDGsde地方再生」です。
11月14日(土)14時 名古屋国際センターで開催します。

気候変動と防災対策のススメ

2020再開共育講座「気候変動と防災対策のススメ」
レイチェルカーソン東海フォーラムによる「なごや環境大学2020共育講座」は新型コロナウィルス感染による影響で休止していましたが、10月3日に再開しました。開催場所は、これまでと同じ名古屋国際センターで、蜜を防ぐなど十分な感染対策を講じた上での再開です。

再開共育講座


再開最初のテーマは「気候変動と防災対策のススメ」でした。「災害と気候変動」はウィルス汚染と並んでこの間の私たちにとっての最大の関心事でした。京都にあるNPO法人気候ネットワークの環境教育事業部長広瀬和代さんからお話をいただきました。
広瀬先生

広瀬さんは、2児の母、児童心理学を学んだ後、米つくりの傍ら「気候ネットワーク」で活動を始め、気候変動に関して災害が増えていることから防災士の資格も取得され全国の災害現場でボランティアとして活動されてきました。
そこでの経験から「自分の身は自分で守る」ことの大切さを感じ、災害避難は自分が最初の一人になるつもりで、危険が伴う前に避難する気持ちが大切であると訴えられました。
そして、災害はその被災地がもともと抱えていた社会的問題を、一気に災害の形で短時間に浮かび上がらせるものだとの説明には、私たちも東海豪雨と関連して考えさせられました。

講義では、クロスロードワークショップとして阪神大震災の時話題になった①避難先で、自分だけが持っている非常用持ち出し袋を、みんなの前で開けることができますか?②災害で、屋根が破損している時、明日台風が来ると分かった場合、ブルーシートを掛けるために屋根へ上りますか?
について参加者同士で意見を交わし、災害対応についての互いの理解を深めました。

2018年の気候災害被害は日本が世界一位であることが紹介され、防災対策に続いて、地球温暖化の仕組みと緩和策について学びました。グレタさんたち若者の活動を知ることから「豊かさとは何だろう」と今、改めて考えました。

自分事ですが、私の長女が阪神大震災時に神戸で下宿暮らしをしていました。阪神石屋川駅の近く、高速道路が屏風倒しになった近くです。びっくりしましたが、しばらくして現地へ行きまたビックリ。近くは鉄筋のマンションが道路上に倒壊したまま、しかし長女の2階建て木造アパートは倒壊だけは免れ、無事でした。長女は無事でしたが、同級生は何人も亡くなっており精神的なダメージの回復には時間がかかりました。
地震は待ったなしですが、備えは出来ます。私は地震後、我が家の耐震性を考え、家具倒壊防止対策だけは行いました。
私は広瀬先生のお話から非常用持ち出し袋に水ともに「メガネ、入れ歯、薬」入れることにしました。
みなさん、防災対策は万全に!

コロナ禍の中、ZOOM講習は何度も受講しましたが、こうして直接みなさんとお会いして一緒に考えることも大切だと実感しています。
次回の共育講座は「プラスチック問題を考える」です。
10月17日(土)14時 名古屋国際センターで開催します。

2020年度環境大学後期講座日程

レイチェルカーソン東海フォーラムによる「なごや環境大学2020前期共育講座」は新型コロナウィルス感染による影響で休止していましたが、下記日程で後期講座として開講することに決定しましたのでお知らせします。

2020年度後期講座”レイチェルカーソンの想いは続く”
開催はすべて14時から、名古屋国際センターで行います。

①10月3日(土) 気候変動と防災対策のススメ 広瀬和代(NPO気候変動ネットワーク研究員)
②10月17日(土) プラスチック問題を考える  原強(レイチェルカーソン関西フォーラム代表)
③11月14日(土) SDGs de 地方再生        岡崎真弓(SDGs公認ファシリテータ)
④12月5日(土) パリ協定始動           伊与田昌慶(NPO気候変動ネットワーク研究員)

 コロナウィルス感染への恐れは今も続いています。「ウィルスの絶滅はできない」と言われています。私たちは共生していく道しかありません。幸いなことに、蔓延していく過程で、弱毒化がすすみ長期的には風邪のようなありふれた病気の一つになっていく可能性があるそうです。でもそのためには時間がかかります。感染の速度をできる限り遅くする必要があります。
 ワクチンは無い、薬もないでは感染は仕方ありません。出来る事と言えば、コマメな手洗い、マスクで出来る限り自分は感染しない、感染してもヒトには感染させない努力しかありません。

 また後期講座でお会いしましょう。

********************************************************************************************************************
沈黙の春〜まえがき

人間だけの世界ではない。動物も植物もいっしょにすんでいるのだ。その声は大きくなくても、戦いはいたるところで行われ、やがていつかは勝利は彼らの上にかがやくだろう。そして、私たち人間が、この地上の世界とまた和解するとき、狂気から覚めた健全な精神が光りだすであろう。


                                             レイチェル・カーソン