fc2ブログ

水俣病患者の言葉

 水俣病患者の言葉―“スマート”な社会への問い
2024/01/27 レイチェル・カーソン日本協会東海フォーラムによる「なごや環境大学2023後期共育講座」が開講されました。

2023後期講座の第3回は、水俣病患者の言葉―“スマート”な社会への問いです。講師は、認定NPO法人水俣フォーラム理事長実川悠太さんです。
熱弁
実川さんはなごや環境大学共育講座で毎年、ご講演いただいており、今年のテーマは、「水俣病患者の言葉―“スマート”な社会への問い」となりました。
さてスマートな社会への問いとはなんでしょうか?よくわからず講座に参加したわたしたち。

実川さんの講座は、配布されたレジュメに従って「水俣病事件と私」 から始まりました。
実川さんと水俣病との出会いは、患者さんたちのチッソ本社前の座り込みだったそうです。
その出会いから約50年、社会がその頃と比較にならないほどスマートになりました。そんな今、患者さんの言葉を通じて現代社会を考えることが講座のテーマでした。

スマートな現代社会とは何でしょうか。GDPが上昇したことは事実ですが、マイケル・サンデルは全世界的対立軸=選択肢を「共同体主義かグローバリズムか」であると指摘し、ラトゥーシュのように「脱成長への脱却が世界的な課題だ」を論じる研究者もいる。
いずれにしろはっきり言えるのは、今は誰しも自由を語り平和を平等を語ることが出来る「大多数の1人にとって人類史上まれにみるめぐまれた時代になった」ということだ。

この恵まれた社会を支えてきた一つの象徴はチッソの技術である。チッソは画期的な可塑剤を開発しプラスチックを普及させ、高純度シリコンを開発し、GDP上昇の基礎的素材を提供してきた。
そしてその反面、恵まれたスマート社会成長の裏に失ったものがあった。メチル水銀による被害の拡大である。フィリップ・グランジャンが、「水銀使用は胎児の大脳発育を害する」ことを明らかにしたにも関わらず、地球規模の水銀汚染が明らかになったにも関わらず、水銀の流出を直ぐに止めなかった日本。私たちはそんな日本でスマート社会の蜜を今でも享受している。

渡辺京二は自然に働きかけて生きてきた水俣病患者自身による闘争を「生活基層民自身の言葉が表出した稀な機会」と言った。その患者さんの言葉から考えていきたい。
〇浜元フミヨの言葉
漁師、訴訟派患者家族
1970「いのちは買えん、親は両親、弟は片輪」(チッソ社長に、株主総会にて)
1973「人間な、何のために生まれたち思うか」(チッソ社長に、自主交渉にて)

〇川本輝夫の言葉
自主交渉派のリーダー、仕事が終わって後、夜遅くまで潜在患者発掘のため自転車で走り回る。
1972「大学が今のままなら水俣病はいくつあっても足りん」(チッソ重役は一流大学卒)
1972「どうすればソ連や中共からおカネ貰えるんじゃろか」(取材者に対して)

〇杉本栄子の言葉
かなりの重症患者だったが、これも試練と考えたい。恨みたくないとの気持ちから
90年代「水俣病はのさり(賜り物)」
00年代「チッソを許したい」
〇緒方正人の言葉
3歳で発症、芦北の漁師、認定申請患者協議会会長。川本輝夫とともに献身的運動の後に
1985「私もまたもう一人のチッソだった」
1985「罪深いチッソこそ救われなければならない」

時は流れ、患者さんの中には金銭補償より、魂の救済を求める言葉も聞かれるようになった。
GDP幻想のスマート社会に生きる私たちはこのような患者さんの気持ちをどのように理解できるのだろうか。
患者さんの言葉は、スマート社会でしか生きられない私たちの価値基準を変えていくヒントになるだろう。

患者さんの言葉を聞いてスマート幻想に根付く価値基準を変えることを考えさせる実川さんの講座は
わたしたちは変われるか」で締めくくられた。

質問


今回の実川さんの講義、この続きは
2024年水俣京都展(12月7日から22日まで)でも考えてみたい。

講座の質問にとりあげられた斎藤幸平さんのエッセイは水俣フォーラムホームページをご覧ください。


患者さんの言葉、これまで私たちはどこか他人事のように聴いていたのではないだろうか。死を自分事と感じることができるようになった時どのように聞こえてくるのだろうか。京都展で一人考えてみたい・・・

環境問題あれこれ

2023共育講座 環境問題あれこれ
2023/12/09 レイチェル・カーソン日本協会東海フォーラムによる「なごや環境大学2023後期共育講座」が開講されました。

2023後期講座の第2回は、「環境問題あれこれ」です。今日の地方行政が抱えるさまざまな環境問題を考えます。
講師は、元名古屋市環境局環境都市推進監須網正人さんです。
講師
講師の須網さんは長年にわたって名古屋市の環境行政を先頭に立って推進されてきており、その経験を踏まえての名古屋市の環境行政の課題とこれからを展望される講義になりました。
詳しい講義資料(PP資料)、配布資料(①名古屋市次期総合計画 ②第4次名古屋市環境基本計画 ③生物多様性なごや戦略実行計画2030 ④名古屋市さんあーる(3R))などとともに
今日の名古屋市の環境行政の抱える課題と新たな視点による展望を以下のようにわかり易く展開されました。
1. はじめに
2. 都市における生物多様性保全の取り組み
3. プラスチック問題への対応
4. SDGsへの取り組み
5. ごみ減量に向けての更なる取り組み➡大量消費社会からの脱却

テーマが環境問題で、私たちにとって身近な問題で関心も深かったこともあり、講義の締めくくりには多くの質問議論がありました。

1.はじめに
名古屋市の環境行政は、「市民の命と暮らしを守る」ことを原点に地球の持続可能性を維持する視点を持ちながら、地域の快適な環境を保全していくことを目的としており、その守備範囲は広いものとなっている。
その取り組み手法は次の4つの手法がある。
1規制的手法
2経済的手法
3手続き的手法
4自主的誘導的手法
このうち、現在では4の自主的誘導的手法が注目され、自治体の知恵と創意工夫を生かすことが最も重視されている。公害防止協定や緑化協定などの自主的な行動を約束するものや、モデル事業社会実験などで社会を誘導する手法である。
社会には環境問題に関心がない人、関心はあるが行動できない人さまざまある。そうした人たちに、環境問題に対して行動する人びととなっていただく「人づくり、人の環づくり」を行うことが、最も重要となっている。
名古屋市では2050年環境都市ビジョン(土・水・緑・風が復活し、あらゆる生命が輝くまち)を策定し、この姿を目指してさまざまな施策を打ち出している。
全景

2.都市における生物多様性保全の取り組み
地球上には、人間だけでなく、動物や植物、昆虫などさまざまな生き物がいて、それらがつながり合いながら生きている。名古屋市では、この繋がり合い、生物多様性を保つことが、重要であることを認識し、
2010年10月に生物多様性条約第10回締約国会議を開催し、名古屋議定書、愛知目標などが採択された。
名古屋市では2050年のビジョンとして「多様な生物と生態系に支えられた豊かな暮らしが持続する」ことを目標に生物多様性2050なごや戦略を策定しており、身近な自然の保全・再生や生活スタイルの転換に努めている。

3.プラスチック問題への対応
藤前干潟クリーン大作戦を行うと毎年大量のペットボトル、プラスチックゴミ回収される。
このプラゴミの中には環境への影響が大きいマイクロプラスチックが多く含まれている。
〇現在、名古屋市で想定しているプラスチック削減指針
① プラスチックの使用を減らす
② プラスチック製品を長く大切に使う
③ プラスチックが循環するように分別し、再生商品を選んで使う
④ プラスチックを代替素材に置き換える

4.SDGsへの取り組み
名古屋市は令和元年、内閣府よりSDGs未来都市に選定された。
「まち」「ひと」の両面からSDGs達成に向けて活動している。
「まちづくりプロジェクト」として錦2丁目をモデル地区になごや環境大学ととともに地域活動に取り組んでいる。
「人づくりプロジェクト」は子供たちへのSDGs達成に向けた取り組みの意識を育むための活動をすすめ、家族への普及を通して、SDGs達成を支える人づくりを推進する。

5.ごみ減量に向けての更なる取り組み
① 「もったいない」=ごみそのものの発生を減らす➡そのために「行動変容」を(捨てるならもらわない)
② 食品ロス削減=食べ残しゼロへ
③ リサイクルの前にリユースを➡所有しない生活スタイル
④ プラゴミの削減➡総合的なプラスチック削減指針の策定
企業NPOと連携し更なる市民の行動変容を促していく。

須網さんのお話を聞いて二つの言葉を学んだ。
サーキュラーエコノミーとバタフライエフェクトである。
これまでの環境行政、ごみ行政は、資源が有限であるとの共通認識の下、大量生産、大量廃棄社会からの脱却を目指してきた。が、時代が変わり、温暖化など地球持続可能性維持が最大の課題になってきた。その.今「資源の価値を可能な限り長く保全・維持し、廃棄物の発生を最小化することで、持続可能で低炭素、かつ競争力のある経済・都市への転換をはかる」(サーキュラーエコノミー)この視点が最重要になってきた。
また、一人ひとりの行動が点から線に、そして面になり持続可能な社会を実現していくこの拡がりことをバタフライエフェクトと言う。
「人づくり人の環づくり」が持続可能な社会を目指す原点であり須網さんはバタフライエフェクトを最後に講義を閉じられた。


私は講演を聞いて、大量消費、大量廃棄社会からの挑戦から、一つ時代が進んだことを実感した。
もう毛嫌いせず、サブスク、メルカリに慣れなくては・・・自分が変わらなくっちゃ!
質問

講義の最後に活発な質疑応答があった。
代表的な質疑を・・・
Q1:名古屋市は環境未来都市の一つに選定されているが、各都市での好事例の情報交換など都市間の交流は?
➡A:各都市の取り組み状況は内閣府のHPにも公開されているし、各都市からの内閣府への報告もある。好事例はこれらによって把握することができる。また名古屋市の好事例は食品業界にあるし、ISOの表彰事例からも知ることができる。
➡A(後日追加)
名古屋市SDGs推進プラットフォームhttps://sdgs-pf.city.nagoya.jp/で、交流会も開催し互いの情報交換も行っている。
Q2:名古屋市の緑被率は減っているのか?
➡A:統計値から見ると減っている。しかし緑被率の統計値の見方は様々であり、ゾーンで判断する見方もある。市民にとって、環境は個別に取り上げると様々だ。
市が設定した環境VISIONは市民共通認識としての将来に引き継いでいく好ましい環境を示している。そこには数字に表れない環境もありそこは、市民の対話で埋めていくことになる。各計画は議論のたたき台としての意味が大きい、

Q3:排出されるゴミ、資源は減っているが、どう判断するのか?
➡上流、下流の数値がハッキリしない。ごみ抜き去りなど見えない行動もあり、増減の判断は難しい。また、生ごみの資源化も過去には取り組んだが定着は難しかった。


次回の講座は
来年1月27日水俣病患者の言葉”スマート”な社会への問い、です。
水俣フォーラム理事長実川悠太さんの講義です。

感覚公害と化学物質

2023共育講座 感覚公害と化学物質
2023/10/28 レイチェル・カーソン日本協会東海フォーラムによる「なごや環境大学2023後期共育講座」が開講されました。

2023後期講座の第1回は、「感覚公害と化学物質」です。人の快・不快に関わる感覚公害と私たちのくらしと化学物質の現状と課題について考えます。
講師は、名古屋市環境局主幹川瀬弘靖さんです。
全景

講義は、詳しい配布資料とともにテーマを大きく二つに分けて、
① 感覚公害とは?
② 化学物質問題とは?
について、基本的な問題の捉え方と公害を減らすために大切なことをわかり易く展開されました。

1 感覚公害とは
・うるさい!臭い!など感覚的・心理的に不快に感じる公害の総称のこと。
・公害の特徴としては加害者と被害者双方において、被害の感じ方の程度が人によって大きく違うことである。
・住工混在地域で周辺の環境変化があった場合に公害問題が発生することが多い。
・市民生活に関連する公害苦情は、行政が関与することで、近隣関係が悪化することもある。
・令和2年度以降騒音の苦情件数が増加傾向にあるが、これはコロナ禍により在宅勤務等の生活様式の変化が影響していると言われている。

➡感覚公害を減らすために、つぎのような生活上の工夫、努力が必要。
① 互いの多様性を認め合い思いやりの気持ちを!
② 自分も加害者になることがあり常に周りへの配慮を!
③ 日頃から周りとの良好なコミュニケーションを!

2 化学物質問題とは
・豊かで便利な私たちの生活は化学物質を原材料にした多くの製品に支えられている。
・化学物質は製品の生産・仕様・廃棄される間に環境中に放出される。
・それらは環境中に蓄積したり食物連鎖を通じて生体内に濃縮されることもある。
・化学物質のなかには発がん性、奇形生殖異常を引き起こすものもある。
・化学物質過敏症、香害など、微量の化学物質に過敏に反応し頭痛吐き気などの症状を及ぼすこともある。
講師正面

★化学物質対策の基本的な考え方
環境リスク・化学物質が環境中に排出され環境中の経路を通じて人の健康や生態系に有害な影響を及ぼす可能性のこと
  環境リスク=有害性の強さ*暴露量

環境リスクを最小にするために国・自治体では次の施策を展開している。
①PRTR制度
➡化学物質の環境への排出を管理
②環境調査・実態調査
➡環境汚染の状況把握
③疫学調査
➡化学物質が健康に与える影響を調査
④環境基準などの設定
⑤各種規制法の施行
・化学物質審査規制法
・大気汚染防止法
・水質汚濁防止法
・土壌汚染対策法
・ダイオキシン類対策特別措置法

〇ダイオキシン類の環境リスク
日常生活での摂取量では急性毒性はないと言われているが、動物実験では奇形や生殖機能への影響が報告されている。
大気排出基準を遵守できない焼却炉は廃止されたことから環境リスクは大きく低下した。

〇有害大気汚染物質の環境リスク
低濃度ではあるが長期暴露によって人の健康を損なう恐れのある物質のことである。
優先取り組み物質として23物質指定
うちベンゼンなど4物質に環境基準を設定。ほかアクリロニトリルなど9物質に指針値を設定。
ベンゼンなどは規制と事業者による自主的取り組みによりリスクは低下している。
〇地下水汚染の環境リスク
ベンゼン、トリクロロエチレンなど有害物質が溶け込んだ地下水の飲用等により有害物質が体内に取り込まれる。
〇PFAS(有機フッ素化合物)のリスク
PFASとは有機フッ素化合物の総称。自然界で分解しにくく水などに蓄積するほか、人への毒性も指摘されている。PFASのうち「PFOS」と「PFOA」は水や油をはじき、熱に対し安定的な特性があることから、消火剤や電子基板のコーティング剤などに使われてきたが2021年までに法令で製造と輸入を原則禁止された。
水道水の水質管理暫定目標値として、PFOSとPFOAの合算値で「50ng/L」が設定されたが、全国各地で、公共用水域、地下水の暫定目標値超えが発生している状況である。
講師代表

➡化学物質(特に殺虫剤、農薬)と上手に付き合うために
原則:なるべく使用しない
・無条件に一律に使用することは止める。
・日頃から害虫が発生しない環境を整える
・仮に害虫が発生しても薬剤を使用しない対応を検討する。
・やむを得ず使用する場合でも正しい使用法で最小限の使用に留める
・その場合でも使用を周辺に伝えたり曜日や時間帯に配慮する。
川瀬さんの今日の講座は化学物質と上手に付き合う考え方で纏められたが、最後の最後、具体例として、農薬殺虫剤を取り上げられた。

目の前にゴキブリが突然登場したとき、私たちの目は真っ先に殺虫剤を探していないだろうか。私たちは殺虫剤・洗剤などを使用するとき、使用上の注意にしっかり目が届いているだろうか・・・
今日の川瀬さんの講義を聞いて反省しきりである。

次回の講座は12月9日(土)元名古屋市環境局環境都市推進監 須網さんによる「環境問題あれこれ!」です。

植物から見る名古屋の環境

2023共育講座 植物から見る名古屋の環境
2023/8/12 レイチェル・カーソン日本協会東海フォーラムによる「なごや環境大学2023前期共育講座」が開講されました。

2023前期講座の第3回は、「植物から見る名古屋の環境」として、都市化とともに減っていく緑、名古屋の環境を植物を通して考えます。
講師は、名古屋産業大学現代ビジネス学部准教授、長谷川泰洋さんです。長谷川さんは以前名古屋市生物多様性センターの植物専門員としてお勤めされており「鎮守の森」「生物多様性の保全」などを専門とされています。
P1040707_convert_20230813105612.jpg

講義は、詳しい配布資料とともに
① 生物多様性と都市化の現在
② 絶滅危惧種からみる生態系の変化と保全
③ 生物多様性と健康
④ 生物多様性と共にある豊かな都市生活
と展開され、生物多様性と現代社会生活についてご説明を受けた。
特に私たちにとって最も関心があるものの分かり難い、よく知らない生物多様性と私たちの健康、生活までについてご講義を受け、私たちにとって生物多様性の意味、大切さを良く知ることができた。
P1040713_convert_20230813105729.jpg

世界では生物多様性の損失が続き、早期に生物多様性の損失を食い止め、むしろ増大させなければ、取り返しのつかない事態になることが危惧されている。
長谷川先生の講義の最後に、「30by30目標」を紹介された。「30by30目標」は2030年までに生物多様性の損失を食い止め、回復させるというゴールに向け、2030年までに陸と海の30%以上を健全な生態系として保全し次の世代に繋げて行くことを目標とするものであり、名古屋市でもこの活動に参加している。
日本では生物多様性ホットスポットとして、里地里山が重要であると言われている。
私たちも積極的に、「里地里山保全活動」「都心の生きもの復活事業」に参加していきたいと思っている。

なごや環境大学前期講座はこれで終了です。
後期講座は10月開講予定です。

志ある行動者となるためにーSDGsを学ぶ

2023共育講座 志ある行動者となるためにーSDGsを学ぶ
2023/7/15 レイチェル・カーソン日本協会東海フォーラムによる「なごや環境大学2023前期共育講座」が開講されました。
P1040666_convert_20230716165537.jpg

2023前期講座の第2回は、「志ある行動者となるためにーSDGsを学ぶ」として
SDGs推進シニアコンサルタント岡崎真弓さんによる”森の未来を考え森のことを知るカードゲーム「森と未来」“が開催されました。

このカードゲーム「森と未来」は、陸、森の豊かさと抱える課題を知り解決すべく山梨日日新聞社が進める「やまなしSDGsプロジェクト」の一環として企画制作されたもので、①森の役割と私たちの生活の関わり②経済活動と森林資源の好循環③協働し共に取り組むことの大切さを学ぶことを目的としています。
P1040669_convert_20230716165642.jpg

なごや国際センターの会場での参加者は全員、山の所有者・住宅メーカー・森林組合・学校の先生・猟師など様々な仕事を持った10種類のプレイヤーとなり互いに森と未来について夢をもって考え話し合いました。

P1040671_convert_20230716165736.jpg

次回環境大学共育講座は8月12日(土)植物から見る名古屋の環境―名古屋産業大学准教授、長谷川恭洋さんによる座学です。

予定が変更になっています。お間違えのないよう宜しくお願い致します。