FC2ブログ

レイチェル・カーソンの遺言

レイチェル・カーソンの遺言」共育講座(2019後期)が開講される。

11月9日ブラザーミュージアムにレイチェル・カーソン日本協会会長の上遠恵子さんをお迎えし、なごや環境大学共育講座「レイチェル・カーソンの遺言」が開催された。

上遠会長を東海フォーラムとして名古屋へお迎えしたのは、2018年5月27日「レイチェル・カーソンのつどい2018」以来2度目。
上遠会長は1929年生まれですから、今年は90歳超え。しかし元気一杯。この日は午前中に他の会場でのご講演を済まされ、共育講座はこの日2本目の講演になります。しかし写真のように表情は生き生きと元気一杯。
上遠先生

はじめに映画「レイチェル・カーソンの感性の森」を鑑賞し、その後ご講演。最後に参加者のみなさんからご意見と質問、回答をいただきました。
映画では数々の批判にさらされながらも決して屈することなく、人類の健康と環境の危機を訴えたレイチェル・カーソンの姿を描いていました。この姿は、現在の地球環境危機を訴えているスェーデンの少女グレタさんと重なるものがありました。
 
1965年“センス オブ ワンダー”では、
 地球の美しさについて、深く思いを巡らせる人は、生命の終わりの瞬間まで、
生き生きとした精神力を保ち続けることができるでしょう。
 鳥の渡り、潮の満ち干、春を待つ固い蕾の中には、それ自体の美しさと同時に、象徴的な美と神秘が隠されています。 自然がくりかえすリフレイン —— 夜の次に朝が来て、冬が去れば春になるという確かさーー の中には、かぎりなく私たちを癒してくれるなにかがあるのです。

そうか、上遠会長の元気は「センス オブ ワンダー」を持ち続けることになるのか!

レイチェル・カーソンは、DDTなどの有害化学物質への警鐘とともに放射性物質への危機も訴えています。
有名になった1963年10月18日サンフランシスコでの講演「環境の汚染」です。

★第三に、放射性物質による環境汚染は、明らかに原子力時代とは切り離せない一側面です。それは核兵器実験ばかりでなく、原子力のいわゆる「平和」利用とも切っても切れない関係にあります。こうした汚染は、突発的な事故によっても生じますし、また廃棄物の投棄によっても継続的に起こってもいるのです。私たちが住む世界に汚染を持ち込むという根底には、道義的責任があります。それは、自分の世代ばかりでなく、未来の世代に対しての責任です。
当然、私たちはいま現在生きている人々の肉体的被害について考えます。しかし、まだ生まれていない世代にとっての脅威は、計り知れないほど大きいのです。彼らは、現代の私たちが下す結論にまったく意見をさし挟めないのですから、私たちに課せられた責任は極めて重大です。★
この映画の日本での公開が、2011年東日本大震災の直前だったのはなんとも言いようがありません。
2018つどい講演記録も併せてご覧下さい。
http://carsontokai.blog.fc2.com/blog-entry-10.html 
遺言会場

この日も講演終了時には30名を超える来場者のみなさんと上遠会長と記念写真に納まる風景がみられました。また、関東・関西フォーラムからの参加者をはじめ遠方長野県からの参加者もありました。ありがとうございました。

次回の講座は「干潟は残った、今」と題して、20年も前になりましたが、藤前干潟はどのようなことがあって保全されたのか?を振り返り、SDGs未来都市なごやの今を考えます。
11月30日(土)14:30からブラザーミュージアムです。

人生に飽きて疲れたり、孤独にさいなまれるのは、「センス・オブ・ワンダー」(神秘さや不思議さに目を見張る感性)をどこかで忘れてしまったのかもしれませんね。
持続する地球になくてはならない、生があって死があるリフレイン。そこにわたしたちをいやしてくれる何かを感じる感性を私たちはその日までには獲得したいものです。

駅員さんと私?

あなたにとって大切なものは何ですか?
むむ!改めて問われると?答えは家族、ペット・・・・が無難なところか・・・・

こんな問いで始まった2019年環境大学共育講座レイチェル・カーソンの想いからーSDGsを学ぶー第3回(
最終回)が7月20日(土)開講された。
この日はワークショップ。ファシリテータはNPO法人ボランタリネイバーズ主任研究員の新海洋子さんである。
新海WS

新海さんはご自身の経験を紹介することで先の問いの答えに代えた。
○近鉄桑名駅の時計の上に毎年、燕が巣を作り子どもが巣立っていた。ところがある日、駅舎の工事のことを知った。
・駅員に苦情を言った「そんなことしたら燕が来なくなってしまう!」
・駅員「大丈夫だよ!燕が返ってくる頃には、時計も元通りにしておくから。」
・新海さんは何か割り切れないものがあったが、駅員の言うようになることを祈りながらその後の様子を見ることに。
・翌年初夏「燕は戻った。しかし、巣は半分しかできず、繁殖もしなかった、そして翌年からはもう戻ってはこなかった。

この話こそレイチェル・カーソンの想いを伝える話ではないか。
この問題、正解はない。SDGsを少し知るともっと分かりにくくなる。
でも私たちには強く響く。SDGsに相対するにはレイチェルカーソンの「人間も自然の一部だ」の自覚を常に持っているべきだ。

更に、新海さんのこの話を聞いていて、人は自分の経験を自分の言葉で話すことがいかに大切なのかを今更ながら感じることが出来た。
今回のWSは笑い声が絶えることはなかった。みなさんが自分の言葉で話していた。自分の言葉で話すことはこんなにも楽しいことなのか。

なごや環境大学共育講座には毎回堺市から参加いただいているOさんがいる。(近鉄だと朝早くから大変ですね!と言ったら、新幹線だそうです。失礼しました)このOさんから堺市がSDGs未来都市になった記念のピンバッチを頂いた(写真)。WSで知ったのだが、Oさんは、SDGsカードゲームのリーダーの資格もお持ちだそうだ。
機会を作ってOさんから、SDGsカードゲームを紹介、学び広めたいと思う。
堺ピンバッチ

名古屋市もSDGs未来都市になった。Oさんに名古屋市からの記念を渡すことが出来る日を心待ちにしている。

加えて、新海さんのWSに関してもう一つ。
私は20年以上前になるが、名古屋市職員として藤前干潟埋め立て環境アセスメント運用を担当していたことがある。手続きの過程で、「埋め立てで干潟は失われるが、その面積は人工干潟の造成で回復させるから大きな影響はない」との見解を説明したことがある。
新海さんの話を聞いていて、近鉄の駅員さんと自分が重なった。・・・・

前期講座は終わりです。たくさんの皆様のご参加ありがとうございました。SDGsに関してさまざまな立場の人の意見を聞くことが出来ました。そして、自分の言葉で話すことの大切さを胸に後期講座に向かいたいと思います。

後期講座は全4回
① 沈黙の春の贈り物 上遠恵子(レイチェル・カーソン協会会長)
11月9日(土)14時30分〜ブラザーミュージアム(名鉄本線堀田駅、地下鉄堀田駅直ぐ)
② 干潟は残った 加藤明(レイチェルカーソン協会東海フォーラム)
11月30日(土)14時30分〜ブラザーミュージアム(名鉄本線堀田駅、地下鉄堀田駅直ぐ)
③ SDGsの源流はレイチェル・カーソンにあり 原強 (レイチェル・カーソン協会関西フォーラム代表)
12月14日(土)14時〜 国際センター
④ 水俣病と石牟礼道子その2 実川悠太(NPO法人水俣フォーラム理事長)
1月18日(土)14時〜 国際センター

① ②は場所と時間がいつもと違います。お間違えのありませんように・・・



どうしてそれを選んだのですか?

どうしてそれを選んだのですか?
と講師の問い。普通はそんなことは考えもしない。
無意識に「安い!早い!」と判断している自分がいる。

6月22日(土)2019年環境大学共育講座レイチェルカーソンの想いからーSDGsを学ぶー第2回が開講された。
この日は「未来の子どもたちのために〜SDGs」と題して前ユニーグループホールディング(株)執行役員の百瀬則子さんから「普通の生活の中でSDGsに取り組むこと」についてお話を聞きWSが開催された。
SDGS百瀬

講義の最後に行われたWSでは、参加者の中で、SDGs17全部のアイコンの中から自分が一番大切と感じるアイコンを互いに示し説明しあった。1から17までそれぞれ感じ方がありさまざまな意見を出し合い考え合うことになったが、みなさんが一番重く感じたのは「16平和と公正をすべての人に」だったようだ。戦争になると、1〜17のアイコン総てがひっくり返るからだ。

アイコン1から6は途上国の課題、11は高齢化社会を迎えた日本が特に注目する課題、12〜15は環境の課題、16〜17は平和と協働の課題と考えることもできるが、中でも16戦争と平和は、わたしたちのこころに重く響く。しかし、SDGsはそれだけではない。世界のみんなが向き合うSDGsだ。それぞれのアイコンすべてが繋がり活動自体が掛け算の効果をもたらし、SDGsに向かうことになる。

そんな中で、今わたしたちにできること、それはエシカル消費だ。
エシカル?
「『人と社会、地球環境、地域のことを考慮して作られたモノ』を購入・消費する」ことだ。

エシカルな生活で社会を変え、SDGsに向かうことが出来る。私たちは日々の買い物を通じ、世界に影響を与えることができる。そのためには目の前にあるモノの「いつ、どこで、誰が、どうやって」を知ることが必要だ。
製造、流通、消費の過程で児童労働、搾取、不平等、環境破壊を伴っていないか?

フェアトレード商品を選ぼう。有機栽培作物を公正な値段で買うこともエシカルだ。

お金を払うことを通じて、社会問題の解決に貢献しよう!」と考えて消費すれば、私たちの日常が「エシカルそのもの」になる。

エシカルには覚悟もいる。知識も必要。

私にとって「早い、安い」生活からの脱出。それが、SDGsへの道。

★6/29朝日新聞30面に、SDGs・ESG経営セミナーでの百瀬則子さんの発言「自分ごとにする人材教育と顧客の共感獲得が企業の課題」が掲載されています。是非ご覧ください。(記事はクリックしていただくとご覧いただけますが、見難いとの声もいただきました。もうしわけありません。その場合、新聞買って見てください。)


★次回第3回の講演・WSは、NPO法人ボランタリネイバーズ新海洋子さんによる更に実践編。

「私とSDGs〜大切なものを守るための生き方」

7月20日(土)名古屋国際センター14時です。


今、地球は分かれ道に❣

今、地球は分かれ道に!
5月18日(土)2019年環境大学共育講座レイチェルカーソンの想いからーSDGsを学ぶーが開講された。
第1回は「SDGsの歴史的意義と企業経営への影響」と題して中部SDGs推進センター代表理事戸成司朗さん(写真奥右)からの講演があり、20名の市民のみなさまが参加した。
会場では、戸成さんの実体験に基づいたお話に引き込まれ、地球市民としてSDGsに取り組む意義を再確認しあうことになった。
SDGs講演
○戸成さんの講演は「MDGsはご存知ですか?」から始まった。
SDGsは知ってるけど「MDGs?」
そうか、今日の講演はSDGsの歴史的意義と企業経営がテーマだった!

SDGsに比べて、MDGsの認知程度はきわめて低い。その光と影とその背景を理解することは重要である。MDGsは2000年、国連が2015年までに達成するとして設定した飢餓や貧困の撲滅など8項目の目標から構成され、親しみやすいアイコンまであった。環境の持続可能性問題もとりあげられてはいるが、むしろ飢餓や貧困、生まれた命が失われる、HIV、マラリアの蔓延など途上国の解決すべき問題として設定され、その解決のため「先進国が支援しましょう」との柱で設定されていた。
MDGs達成のため、世界の主要企業が国連グローバルコンタクト(UNGC)に署名するなどその取り組みは大きく進展した。結果、途上国での収入は増え、教育の機会均衡、乳児死亡率マラリア死亡率などは低下した。
がしかし、進展の過程で、その影の部分が顕在化することになった。

○MDGs進展の過程を支えてきたのは、新自由主義の台頭であった。「ヒトは自分で生きていけ。(自己責任)」である。
キーマンはレーガンとサッチャーそれにゴルバチョフだった。
1989年ベルリンの壁は崩壊した。東西冷戦が終結し、資本主義が勝ちに終わった。それ以来新自由主義に基づいて世界はグローバル化していくことになる。その結果、中国、インド、ブラジルなどの新興国が大発展していく。そして世界はG7では決められなくなりG20になった。

そのような背景を受けてMDGsの光は、中国を筆頭にブラジル、インドなどの発展という形で当たり、一方での大きな影として、地球の限界を超えた環境負荷の増大、生態系の破壊という形で現れるようになった。
具体的には地球の温暖化、大気、海の汚染、生態系の破壊(砂漠化)であるが、加えて、グローバル化の進展による税制の変化、富みの再配分の変化、経済格差の拡大などによる社会の不平等、移民対策などが指摘されるようになった。

先進国、途上国が共に努力しないと地球は持続できなくなるとして、登場するのが、SDGsである。

○2015年、国連は新たな開発目標として17目標169ターゲットのSDGsを採択。2030年を達成目標年度と定めた。

地球の持続可能性に赤信号が灯った今、SDGs達成のための大きな力は、「企業」である。事業活動を通じて企業はSDGsにどのように貢献するのか?
今ではSDGsに取り組まない企業は市場からの退場を迫られ、成長をする機会を失うと言われる。2004年から企業のCSRが注目されてきた。このRはResponsibility。企業の社会的責任と訳されているが、「企業が社会の期待に応える能力」と訳すべきである。また、続いて、ESG投資(Environment Social Governance投資家は企業に投資をするにあたって、環境や社会への責任を果たしているかを重視し判断する)への対応が必要となってきた。各企業の大株主であるGPIFが、ESGにコミットするガイドラインに署名したことから企業にとって、ESG投資は重要な課題となってきた。今の企業は、投資家から消費者から監視されるサンドイッチ型社会になった。商品はエシカル商品として認識されるとよく売れるようになった。

自分だけが儲かればいい資本主義は変貌してきた。あり得なくなってきた。
企業の海外進出、グローバル化は、「安い労働力を求めて」はあり得ない。その地域社会の発展に貢献することを抜きにはあり得ない。地産地消の原則を常に持ち、①地球環境に貢献する②人権に配慮③労働環境に配慮を忘れてはならない。
企業がイノベーションを考える場合、地球生態系の維持を大前提とし、消費者の自己実現要求を理解し考え、消費者が参加する商品開発を考える理性・哲学必要がある。

社会・環境を考える中にビジネスチャンスがある。そのための地球企業人としての哲学を持ちたいものだ。
今社会は重大な分かれ道にきている。
① SDGsに貢献するか?
② 排他的分断社会を目指すのか?

##############################

第2回SDGs〜未来のこどもたちのために・・・ 前ユニーグループ執行役員百瀬則子さんをご講師に迎え、討論WSを6月22日(土) 14時から国際センターで開催します。

みなさまのご参加をお待ちします。


東海フォーラムが発足して1年

東海フォーラムが発足して1年。4月20日に、東海フォーラム会員交流会が開催された。
伊藤代表から、1年間の活動・会計報告の後、次年度の読書会を柱とする活動方針の説明を行った。続いて、関西フォーラム原代表から、「沈黙の春」の読書会を開催していきたいという、東海フォーラムの活動方針について、自らの体験に基づいてご助言をいただきました。
原講義

「東海フォーラムのこれからの活動で読書会を柱にしたいとのことですが、読書会については、参加者相互に情報や意見を交換し合い、知的刺激をしあうことがあり、おおいに効果があるのですが、運営面での工夫が必要で、うまくいかないこともしばしばある。私の経験では、報告担当を決めて「必ず読んできてね」としていても「読んできてもらえない」こともでるし、議論しても読書範囲を外れ、自分の興味・関心のあるフィールドに持ち込んでしまって、著者の意図を掘り下げる議論にまで到達しないこともある。結局、読書会としてはうまくいかず、講師が決めた一冊の本にまつわる講座や読み切りセミナーになってしまうこともある。東海フォーラムで企画化されるのであれば、このあたりをよく検討されたほうがよいのではないでしょうか」
との原さんからご助言をいただいたうえで、
「今回は、「沈黙の春」を読む、ということのようですので、とりあえず第1章「明日のための寓話」の部分をみんなで読むということにし、読書会の意義や方法を考える機会にしていただいたらどうでしょうか」
とのご提案があり、交流会では第1章「明日のための寓話」の部分をみんなで読み、レイチェルカーソンの言葉をみんなで味わうことになった・・・・

ブログ読者のみなさま
5月18日(土)から、環境大学共育講座レイチェルカーソンの想いから〜SDGsを学ぶを開講します。
読書会ではありません。座学及びワークショップ形式を取り入れ自由な討論を行います。
みなさん、是非ご参加を!