われらをめぐる海

 

われらをめぐる海

68日(金)事務局にとても嬉しい贈り物がありました。カーソンの著書“われらをめぐる海”の原本なのです。“THE SEA AROUND US   RACHEL L.CARSON”

ビックリしました。豊田市の野間口さんからの贈り物で“古い本ですがお役に立てばいいのですが”とお手紙が添えられていました。

 われらをめぐる海

 “THE SEA AROUND US”は1951年に出版され、海洋生物学者として、文学的センスを生かした最高傑作として大ベストセラーになった本です。
前後の「潮風の下で」「海辺」とあわせてカーソン「海の三部作」といわれています。

 

ここで、カーソンの概略の年譜をまとめておきます。

1907 ペンシルベニア州で生誕

1936 魚類野生生物局採用

1941 ①“潮風の下で_UNDER THE WIND”出版

1951 ②“われらをめぐる海_THE SEA AROUND US”出版

1952 魚類、野生生物局退職

1955 ③“海辺_THE EDGE OF THE SEA”出版

1960 胸部にがん発見

1962 ④“沈黙の春_SILENT SPRING”出版

1963 「環境の汚染」カーソンの遺言と言われるサンフランシスコ講演

1964 56歳で死去

1965 ⑤“センスオブワンダー_THE SENS OF WONDER”出版

 

カーソンは5冊の本を残しました。前半の3冊までは海の本。その後、病を得て、環境汚染と生態系の変化、未来への道などへと焦点は広がりを見せてきています

 

贈呈を受けた“われらをめぐる海”はその焦点の広がりへの大きな「礎」となった作品です。

 

年譜を見ても分かるようにカーソンの若いときは戦争がありました。彼女はその頃は「魚類・野生生物局」の公務員で、海洋軍事作戦における海流の影響についての会議にも出席しています。そうした経験が海の物理的様相を書いた“われらをめぐる海”に生かされました。

この作品の成功により彼女は公務員の職を辞め作家に専念できるようになりました。そして彼女にとっての長年の夢、海辺に立つ別荘をもつことができました。そこで新しい作品、海の生物学的様相をとりあげた“海辺”を書くことができたのです。

 

このように「われらをめぐる海」の成功はその後の“沈黙の春”“センスオブワンダー”へと続く彼女の業績の「礎」となった作品です。

 

 この原本は事務局が管理しています。東海フォーラムの会員のみなさん!あるいは一緒に活動してもいいとお考えのみなさん!に貸し出し可能です。ご希望があれば、メールフォームでご連絡ください。郵送させていただきます。当然ですがくれぐれも大切に扱ってくださいね。


東海フォーラム申し合わせ

 

「レイチェル・カーソンの集い2018」で唯一残念でしたのは、事務局の準備不足があり、当日の東海フォーラム会員受付に十分対応できなかったことです。当日の申し込みは9人に留まってしまいました。加入の声は沢山いただいていたのにです。申し訳ありませんでした。

 

 ここに改めて、「東海フォーラム申し合わせ」を掲載させていただきました。ご加入のご検討いただき、ブログ右側のフォームに東海フォーラムに加入しますとお書きになった上で、お名前と住所、電話、メールアドレスを記入してメールしてください。後ほどその住所アドレスに個人ならば年間3,000円、団体ですと5,000円の年会費の振り込み用紙を送付、あるいは振り込み先を連絡させていただきます。よろしくお願いします。

 なお、10月からの年度後半は、公害の今を考える名古屋環境大学共育講座を開講する予定です。詳細は後日お知らせします。ご意見などをお待ちします。


   レイチェル・カーソン日本協会東海フォーラム申し合わせ

第1条(名称)

 この会は、レイチェル・カーソン日本協会東海フォーラムとします。

2条(所在地)

 本会は名古屋市中村区名駅4-25-17三喜ビル7階(株)人材開発機構内に置きます。

3条(目的)

 この会は、「人間を含めたあらゆる生命のネットで包まれている地球をひとつの生態系としてとらえ、化学物質による環境汚染に警鐘を鳴らし、人間中心の文明のあり方に疑問を投げかけたレイチェル・

カーソンの生涯や思想を、環境教育、読書会、セミナー、自然体験観察会などの活動を通じて広く社会に発信し、もってかけがえのない自然や環境を保全すること」を目的として活動するレイチェル・カーソン日本協会を構成する東海地域の組織単位としてふさわしい活動を行います。

4条(構成)

 この会は、会の目的に賛同する個人、団体で構成します。

5条(会員)

 この会の会員は、以下のとおり、年会費を負担します。

  個人 1口 3,000

  個人 1口 5,000

6条(運営)

 この会の運営は、世話人会が行います。

 世話人会は、互選により代表を選出します。世話人会は代表が招集します。

7条(事業)

 この会は、以下の事業を行います。

    読書会、講演会、セミナーなどの開催

    自然観察体験会の実施

    会員の交流企画の実施

    ニュースの発行

    ホームページ・SNSなどによる情報発信

    その他、会の目的にふさわしい事業

8条(事業年度)

 この会の事業年度は、41日から翌年331日までとします。

9条(改廃)

 この申し合わせの改廃は、世話人会が行います。

10条(設立年月日)

 本会の設立年月日は平成30414日とします。

付則

 1 この申し合わせは、2018414日に発効します。

 2 設立当初の役員は次に掲げるとおりとします。

   代表  伊藤容子

   事務局 加藤明

   世話人 太田みちる、蒲 和宏、須網正人、山神真紀子(50音順)

 3 連絡先

  当面の連絡先は、

      住所:〒4500002名古屋市中村区名駅4-25-17三喜ビル7F(株)人材開発機構内

      電話:代表   090-2921-9539

         事務局  090-5112-8072

      ブログURL  :http://carsontokai.blog.fc2.com/

メールアドレス:akirakato3@gmail.com



レイチェル・カーソンの集い2018資料集

 

レイチェル・カーソンの集い2018・資料集

レイチェル・カーソン日本協会設立30周年を記念して、527日に名古屋で開催された「集い2018」

の資料を纏めて掲載します。

★「集い2018」が開会です。

(司会・原強)

今日は日本協会設立30周年と東海フォーラム発足の記念のお祝いの集いです。30年という長い期間の活動を経て今新たな活動拠点、東海フォーラムが誕生することは素晴らしいことだと思います。

(関東フォーラム・小川真理子)

今日527日はレイチェル・カーソンの誕生日です。そして生誕111年になります。今から31年前に生誕80年の講演会を開催し、1988年に日本協会を設立し、関東・関西・北海道・高知などの拠点で活動してきました。今日の集いはカーソンの伝えたかったことに思いを馳せ、足元の地球環境を考える機会にしたいと思います。

 

このような言葉で「集い2018」は始まりました。


会場 原強関西フォーラム
 集い開会                           司会:関西フォーラム 原強さん


小川真理子さん 会場
  関東フォーラム 小川真理子さん                                講演会場の様子(毛筆による式次第,カーソンらしく?)


★続いて、日本協会上遠恵子会長による講演1「レイチェル・カーソンが伝えたかったこと」、高村ゆかり名大教授による講演2「世界は再生可能エネルギーの時代に向かう」が行われました。

講演1上遠恵子会長講演資料
(概要は後日)

講演2高村ゆかり名大教授講演資料(概要は後日)

上遠代表 高村ゆかり名大教授

 上遠恵子日本協会会長                                     高村ゆかり名大教授                             

1日本協会30周年チラシ

2上遠先生豊田市講演会624日チラシ

3現代環境論チラシ

4関西フォーラムセミナー716日チラシ

5ひとり芝居天の魚616日チラシ(水俣関連)

6中日新聞5月29日記事
7レイチェル・カーソン日本協会会報記録保存版・DVD

(司会・原強)
今日受付でお渡しした資料の中に、1枚のDVDがあります。これは日本協会が20年間に渡って発行した会報を記録した貴重な資料です。ご活用いただきたいと思います。それでは最後に東海フォーラムから閉会の挨拶を受けます。東海フォーラムは2018年4月14日に誕生しました。その日はカーソンの命日です。そして今日は誕生日になります。
(東海フォーラム・伊藤容子)
これは私の孫が図書館から借りてきた本です。レイチェル・カーソンの生涯がとてもわかり易く書かれています。東海フォーラムは日本協会のみなさまからのご指導のもと、わかり易く一緒に学び、足元から行動できる団体として発足しました。子や孫そしてまだ見ぬ人たちに何ができるのかを考えられる人材を育てていきたいと思っています。みなさんとご一緒に活動してまいりますのでよろしくお願いします。参照:東海フォーラム設立にあたって

★ 出席者総数は関東・関西・東海フォーラムから計88名でした。東海フォーラムが結成されて最初のイベントでもあり、上遠先生、高村先生はじめ関東・関西フォーラムのみなさんからのたくさんの励ましの言葉もいただき、東海フォーラムとしても今後の活動へより一層の意欲が湧いてきました。

代表 集い集合写真

 伊藤容子東海フォーラム会長                                                           懇親会終了後、はいチーズ!
「レイチェル・カーソン」ジンジャー・ワズワース著上遠恵子訳1999

>

もう一人の来場者

 

もう一人の来場者

527日レイチェル・カーソンの集いは88名の参加者で会場は満員でしたが、上遠会長の講演が始まったすぐ、もう一人来場者がありました。受付で名刺をいただきましたが、そこには中日新聞論説委員飯尾歩とありました。彼の手による集いの新聞記事が今朝の中日新聞に掲載されていました。
↑クリックしてください

 

 集い

  

 

 

集いでは上遠会長は“The Sense of Wonder”と“未来世代への責任”について主に話されましたが、この点に関連してレイチェル・カーソンに「環境の汚染」と題した有名な講演があります。

すでに体中にがんが転移し亡くなる半年前の196310月、サンフランシスコで行われた講演です。彼女の遺言とも言われています。

****************************************

放射性物質による環境汚染は、あきらかに原子力時代と切り離せない側面です。それは核兵器実験ばかりでなく、原子力の「平和利用」とも切っても切れない関係にあります。こうした汚染は突発的な事故によっても生じますし、また、廃棄物の投棄によっても継続的に起こってもいるのです。私たちがすむ世界に汚染を持ちこむという、問題の根底には道義的責任―自分の世代ばかりでなく、未来の世代に対しても責任を持つことーについての問いがあります。当然ながら、私たちは今現在生きている人々の肉体的被害について考えます。ですが、まだ生まれていない世代にとっての脅威は、はかりしれないほど大きいのです。彼らは現代の私たちがくだす決断にまったく意見をさしはさめないのですから、私たちに課せられた責任はきわめて重大です。(リンダ・リア2009332)古草秀子訳『失われた森』集英社

(レイチェル・カーソンに学ぶ現代環境論 法律文化社p145

****************************************

福島事故を抱えている私たちには心に響きます。

戦争とは何だ?

 

上遠恵子高村さゆり2  
  講演1 日本協会会長 上遠恵子さん       講演2 名大教授 高村ゆかりさん    

戦争とは何だ?

2018527日はレイチェル・カーソン111回目の誕生日でした。その日に、日本協会設立30年を記念して、レイチェル・カーソンのつどい2018が、東海フォーラムの発足の地名古屋で開催されました。会場には20名ほどの関東・関西からの出席者を含め88名の参加者で満員、関西フォーラム原さんの軽妙な司会で進みました。記念講演は2つ。講演1では日本協会会長の上遠恵子さんによる、「レイチェル・カーソンが伝えたかったこと」をテーマに”、カーソンの著書”The Sense of Wonder”や”沈黙の春”17章べつの道についてのお話があり、講演2では名大環境学研究科教授高村ゆかりさんによる「世界は再生可能エネルギーの時代に向かう」をテーマに、再生エネルギーを巡る世界や日本の動きについてのお話がありました。変貌する世界特に中国の変貌には驚きました。再生エネルギーというと欧州といつまでも固定観念があった我に恥ずかしくなりました。

 

講演の詳細についてはまとめて後日このブログで紹介する予定ですが、日本協会会長の上遠恵子さんの講演後の話は印象に残りました。
************************************

The Sense of Wonder”を翻訳して(店頭の様子が)気になって、本屋へ行き若い店員さんに「センスオブワンダーという本はありますか?」と聞いたところ、えっ「戦争とは何だ」という本ですか?と聞き返された(笑い)。よく似た響きですからね。でもね、「戦争とは何だ」という想いセンスも Sense of Wonderだと思っています。(拍手)

 

東海フォーラムも Sense of Wonderを探して永く活動していきたいと想っています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。